jakkapan21/iStock

 先日、下北沢のB&Bで行われた『この星の忘れられない本屋の話』(ポプラ社)の刊行記念トークイベントに出演しました。トークのなかで、「本屋に来た、ある本の著者が、棚に並べられていた自分の著作を、(目立つように)他の本の上に勝手に置いた」という本文中のエピソードが話題にのぼりましたが、これはTitleでも実際にあった話です。本屋の立場からすれば、気持ちはわからなくもないですが、本を売る仕事に介入されたという複雑な気持ちになります(なおこの本では、同じ出来事が著者側からの視点で書かれており、別な結論になっています。面白いのでご一読ください)。

 もちろんそのようなことは滅多に起こるわけではなく、開店以来多くの本の著者が店を訪れましたが、印象深い記憶がいくつもありました。「本を書いたので、時間があれば読んでください」「わたしの本を〇〇で紹介していただき、ありがとうございました」ということは多いですし、本屋に行くこと自体が好きで、一度Titleに来てみたかったという人もいました。なかには「たまたま入ったけど、自分の本が置いていたので嬉しくなり、少し話をしてみたくなった」と打ち明けた人もいます。

 本を書く人と実際に会ってお話しすることは、その人の本を売ることに対して、見えない力になっていると感じます。新しい本が出れば、それを紹介する文章にも力が入りますし、その人の佇まいや言葉などから、ふさわしい本の置き場所や紹介の仕方が何となく見えてきます。そしてその本を買ってくれる人がいれば、〈手渡した〉という実感が他の本よりも強く残るので、店とその著者との関係が更に深まっていくように感じられます。そうした関係の著者が多いほど、その店は見えない力に守られていくようで、強くなるでしょう。

 また、店に来るのは生きている著者だけではありません。亡くなった著者のご遺族が、店に訪れることもありました。直接知っている訳ではなく、もう亡くなった人物のことを書くときは、どこか距離のある抽象的な文章にもなりがちですが、ご遺族との出会いは、その著者との見えない縁を結んでくれるようで、店を続けるうえでの励みとなります。一冊の本を紹介すること、手渡すことの重みを感じた瞬間でした。

 

今回のおすすめ本

『はな子のいる風景 イメージを(ひっ)くりかえす』(武蔵野市立吉祥寺美術館)

 吉祥寺の人気者だった、「ゾウのはな子」。この不思議な本は、はな子永眠ののち、市民から提供された「はな子と一緒に撮影した写真」と、「撮影日当日の飼育日誌」が、時系列で構成されている。ページに直接貼られた写真をめくると、また別の写真が出現し、イメージの反復や裏切りが楽しめる、アートを感じさせる一冊でもある。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

お知らせ

 

◯2018年5月18日(水)19:30〜 Title1階特設スペース

翻訳者が語りあう「フランス恋愛小説」の楽しみ方
永田千奈さんと中村佳子さんに聞く

光文社古典新訳文庫で数々のフランス文学を翻訳してきた永田千奈さんと中村佳子さんのお二人をゲストに、フランス恋愛小説の魅力と楽しみ方を語りあう一夜。


◯2018年5月18日(金)〜6月3日(日) 12:00〜 Title 2階ギャラリー

「おかえり色彩」
今日マチ子『センネン画報 +10 years』(太田出版)発売記念原画展

今日マチ子の処女作『センネン画報 』(単行本版)が発売されてからこの5月でちょうど10年。著者悲願のオールカラー版『センネン画報 +10 years』刊行を記念した原画展を開催。オリジナルグッズもあり。


『365日のほん』辻山良雄(河出書房新社)

春、夏、秋、冬……過ぎゆく毎日に1冊の本を。Titleの店主が紹介する、スタンダードな本365冊。どこでも、どこからでも楽しめる、完全書きおろし。

 

 


『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』辻山良雄(苦楽堂)

<5刷!ロングセラー>
「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう? 物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。事業計画書から、開店後の結果まですべて掲載。堀部篤史さん(誠光社店主)との特別対談を収録。