iCooliesForDevo/iStock

 先日、児童書出版社に勤めるIさんが、4月に入社したばかりの新入社員お二人と来店されました。出版社や取次店(本の問屋)では、新入社員研修の一環として取引先の書店を回り、本が売れていく現場を見せることがあります。「ああ、もうそんな時期か」と、会社に勤めていたころを思い出して、懐かしくなりました。

 Titleは、店を手伝ってくれるアルバイトはいますが、そんなに長い時間働いてもらう訳ではありません。店に来た若い人に、「ここで働きながら、本屋の仕事を覚えたいのですが」という話を時々されることがありますが、いつも申し訳ないと思いつつお断りしています。開店当初より、店のサイズと関わる人の数を小さくして、家族が生活していけるだけの稼ぎをつくろうと考えていました。それが結果として店の水準を保つことにも繋がっているので、どの程度自分の仕事を離すかについては、いつもジレンマが伴います。

 大型書店にいたころは、常に100名以上のスタッフと一緒に働いており、中には顔と名前が一致しないアルバイトも数多くいました。書店の仕事にはマニュアル化出来る部分と出来ない部分があり、最終的に仕事の差がつくのは、その〈マニュアル化出来ないところ〉だと思っています。多くの組織はその性格上、マネジメントをしたがるものだと思いますが、マニュアル化出来ない個性的な仕事は、マネジメントの網で捉えようとした途端、〈それまでよかったこと〉が萎んでしまいます。

 マニュアル化出来ない仕事を伝えるには、実際に自分がその仕事を行い、その姿を見せていくしかありません。その人らしさが多く含まれた〈オリジナルな仕事〉であるほど、誰が行っても同じにはなりません。大切なことは仕事のやり方を示すだけではなく、その仕事を見ている人の自発を促すことだと思います。そのスイッチが押せたのであれば、あとは部下の仕事に対して気がついたことを、横から(こそこそと)言ってあげれば、その人らしい別の仕事が生まれてくると思います。

 人が育つことに決まった法則はありませんが、上司が楽しそうに仕事をしていることが、一番その部下を育てるのではないでしょうか。保護者のようなIさんの顔を見て、久しぶりに部下がいるのもいいなと思いました。

 

今回のおすすめ本

岡啓輔『バベる! 自力でビルを建てる男』(筑摩書房)

 自分の手で東京・三田の地に、コンクリートのビル「蟻鱒鳶ル(ありますとんびる)」を建てる男。その過程は、一つの建築をこの世に生むことのみならず、自らの〈つくるよろこび〉を回復させる、生きかたそのものであった。

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

お知らせ

 

◯2018年5月18日(水)19:30〜 Title1階特設スペース

翻訳者が語りあう「フランス恋愛小説」の楽しみ方
永田千奈さんと中村佳子さんに聞く

光文社古典新訳文庫で数々のフランス文学を翻訳してきた永田千奈さんと中村佳子さんのお二人をゲストに、フランス恋愛小説の魅力と楽しみ方を語りあう一夜。


◯2018年5月18日(金)〜6月3日(日) 12:00〜 Title 2階ギャラリー

「おかえり色彩」
今日マチ子『センネン画報 +10 years』(太田出版)発売記念原画展

今日マチ子の処女作『センネン画報 』(単行本版)が発売されてからこの5月でちょうど10年。著者悲願のオールカラー版『センネン画報 +10 years』刊行を記念した原画展を開催。オリジナルグッズもあり。


『365日のほん』辻山良雄(河出書房新社)

春、夏、秋、冬……過ぎゆく毎日に1冊の本を。Titleの店主が紹介する、スタンダードな本365冊。どこでも、どこからでも楽しめる、完全書きおろし。

 

 


『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』辻山良雄(苦楽堂)

<5刷!ロングセラー>
「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう? 物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。事業計画書から、開店後の結果まですべて掲載。堀部篤史さん(誠光社店主)との特別対談を収録。