虫を愛するがゆえ、虫に苦しめられる昆虫学者・丸山宗利さんの採集旅行の様子がオールカラーで楽しめる幻冬舎新書『カラー版 昆虫こわい』は発売以来大きな反響を呼んでいます。ここでは「昆虫こわい・特別編」として、丸山さんのケニア採集旅行レポートを連載でお届けします。今回はケニア到着12日目、旅の最終日です。帰国ギリギリまであきらめずに虫を探す丸山さんの、時間との闘いをご覧ください。

写真を拡大
ツノゼミを探す丸山宗利さん。

100匹の蚊に囲まれたケニア最後の夜

 昨晩、ホテルに戻ると、蚊が100匹近くも部屋のなかにいた。潰すとひどい皮膚炎になる湿地性のアリガタハネカクシの一種もたくさんいる。それもそのはず、窓の外は広大な水たまりで、しかも部屋は隙間だらけである。普段は使わない蚊取り線香を盛大に炊いたため、体中と鼻の穴が煙臭くてつらい。

 そして今日は帰国の日である。飛行機が深夜便なので、朝一番でスルタンハマッドを出て、ナイロビへ向かい、午前中からナイロビ周辺でツノゼミを探すことになっている。

 ところが、ナイロビへの道が大渋滞である。それも半端な大渋滞ではない。まったく動かず、地平線に延々と車の列が見えている

写真を拡大
ナイロビへの道が大渋滞。

 交通量が多いうえ、大型のトラックがナイロビへ向かう坂道を超低速で進むためである。そもそもケニアの南北をつなぐ幹線道路が片側1車線なのが問題だ。

 しかしわれわれはランクルである。他の4輪駆動車も一緒に、道路の土手の下をぐんぐんと進む。結局、予定の2時間より大幅に遅れ、6時間をかけて14時過ぎにナイロビへ到着した。長旅だったが、ランクルでなければ夜になっても着かなかっただろう。実際、その後のニュースによると、渋滞は翌22日まで続き、スルタンハマッドの洪水がそれに拍車をかけ、結局通行止めになってしまったという。

テンシツノゼミ採集、最後のチャンス

 最初の目的地はICIPE(国際昆虫生理生態学センター)という研究所の構内である。数年前にここで九大の学生がテンシツノゼミを採集していた。日程の問題で来られるのが今日になってしまったが、なんとか頑張りたい。

写真を拡大
ICIPEの入り口。

 その前にICIPEの標本庫へ案内してもらい、ツノゼミの標本を見せていただく。ほとんどは採ったことがあるものだが、テンシツノゼミの標本も少しあった。ナイロビの博物館にも少なくない数の標本があるし、とくに珍しい種というわけではなく、これまでに縁がなかっただけかもしれない。今後のために採集情報を写させてもらう。

 

写真を拡大
標本庫。

写真を拡大
ツノゼミの標本。

 それから構内の草地でツノゼミを探す。

写真を拡大
ツノゼミを探す私。

 寄主植物は首尾よく見つかったが、肝心のツノゼミの姿はない。脳内に葉加瀬太郎の「情熱大陸」を再生し、今回の調査でもっとも必死になって探す。しかしやっぱり見つからず、残念な結果となった。小規模で不安定な環境なので、難しいとは予想していたが、そのとおりとなった。

 

 それから今日の本命調査地であるカルーラ森林保護区へ行く。ナイロビ近郊にある森で、昨年別のツノゼミをここで採集した。調査許可書類もバッチリである。ここならテンシツノゼミが採れるはずである。

 ところが、ところがである。保護区へ入って、入り口で調査許可を求めると、今日は土曜日で、担当の森林官(フォレスター)が不在なので、平日に来てくれという。ラバンが交渉してくれるが、すげなく断られてしまった。なんという調査の幕切れだろう。まさか調査自体ができないとは、想像もしていなかった。最後の最後に運命のテンシにフラレてしまったわけである。

 旅行日程のうちもっと早い時期にこの場所での調査を設定すべきだったが、今回はどうしようもなかった。しかしまあ、調査とはこんなものである。首尾よく進むほうが稀である。また来ればいいと自分に言い聞かせた。

 とはいえそれは強がりで、やはりテンシツノゼミは喉から手が出るほど欲しい。チャボが明後日まで調査を続けるので、なんとか彼が採ってくれることを期待したい。

今回の旅を振り返って

 今回のケニアは湿潤で、総じて非常に虫が多かった。2016年の5月の調査の3倍、2017年の6-7月の調査の10倍はいた印象である。雨季真っ只中は、ともすれば悪天で調査にならないが、今回は調査中に降られることもあまりなく、天候面で運に恵まれたこともあった。

 そういうわけで、はじめての虫をたくさん見ることができて、とても楽しかったのだが、ツノゼミに関しては大きな成果とはならなかった。すでにアジアとアフリカの普通種(属)は一通り採集してしまっており、あとは珍属を残すのみで、だんだんと調査の難易度が上がっている

 その珍属のなかに研究上きわめて重要なものが残っていて、ツノゼミ亜科の系統進化の論文が書ける材料が集まるまでにあと数年はかかりそうだ。研究材料が揃えば壮大な進化の様子が見えてくることは間違いないと思っており、もう少し野外調査を粘りたい。

 

 さて、これにて今回のケニア旅行記は終わるが、現在この原稿を書いているパリの空港で、チャボから連絡があった。ナイロビ市内でシロアリの塚を掘って、彼の一番のお目当てであるメクラシロアリコガネ Termitotrox の一種が複数採れたという。本当によかった。明日はテンシツノゼミを探してくれるそうだ。採集の上手い彼ならきっとやってくれるだろう。何よりも彼が無事に帰国することを祈りたい。

写真を拡大
テンシツノゼミの標本写真。

 最後までお読みいただいてありがとうございました。今後の研究の進行については、私のツイッターもご覧ください(@dantyutei)。

 

笑いと涙の世界採集旅行記『カラー版 昆虫こわい』好評発売中!

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

丸山宗利『カラー版 昆虫こわい』

体長わずか数ミリメートルの昆虫を求めて、アマゾンの密林や広大なサバンナへと世界を旅する著者は数々の恐ろしい目に遭ってきた。ペルーでは深夜の森で、帰り道の目印に置いた紙片をアリに運ばれ遭難しかけたり、カメルーンではかわいい顔したハエに刺されて死の病に怯えたり、ギアナでの虫採りが楽しすぎて不眠症になったり……。「昆虫こわい」と半ば本気で、半ば興奮を戒めるためにつぶやく著者の旅を追ううちに、虫の驚くべき生態や知られざる調査の実態がわかる、笑いと涙の昆虫旅行記。

丸山宗利『きらめく甲虫』

こんな色合い見たことない!想像を超えた、生きる宝石200。ベストセラー『昆虫はすごい』著者による最新写真集!まるで銀細工のようなプラチナコガネ、日本の伝統紋様さながらに多様な柄をもつカタゾウムシ、虹色の輝きが美しいアトバゴミムシ……。硬くて強そうな見かけの甲虫はそのかっこよさで人気があるが、本書では甲虫の中でもとくに金属光沢が美しいもの、珍しい模様を背負っているもの、色合いが芸術的なものを厳選して紹介してゆく。

丸山宗利『ツノゼミ ありえない虫』

奇想天外、ユニークすぎる形を特殊撮影法で克明に再現! 世にもフシギなかたちの昆虫「ツノゼミ」を138種類掲載した、日本ではじめてのツノゼミの本です。ツノゼミとはいってもセミではなく、カメムシ目に属する昆虫です。体長2ミリ~25ミリほどの小さな虫ながら、ツノのかたちをさまざまに進化させていて、まるで空想の世界のような姿をしています。本書では深度合成写真撮影法で撮影しているため、すべての部分にピントがあった写真を掲載。面白い姿をすみずみまで楽しめる一冊です。