こちらは会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

お知らせ

 

◯ 2018年9月13日(木)〜 2018年10月1日(月)12:00〜 Title2階ギャラリー

水で描くということ
森泉岳土『セリー』(KADOKAWA)刊行記念原画展

「水で描き、そこに墨を落とし、細かいところは爪楊枝や割りばしを使って」描かれる原画。表題作「セリー」をはじめ、収録される短篇から厳選して展示。
 

2018年9月30日 (日)16:00~17:20 八戸ポータルミュージアム はっち 1階 はっちひろば

本のまち八戸ブックフェス
トークイベント「東京の本屋さんのはなし」

下北沢の「本屋B&B」の内沼晋太郎さんと、Title店主・辻山が八戸に招かれ、まちの本屋から本を届けるということについてトークします。聞き手は、八戸ブックセンターの森佳正さん。


【東京ではじめて、本の世界に触れた街・江戸川橋】 辻山良雄
haletto 2018.5.22掲載 リレーコラム 

 


『365日のほん』辻山良雄(河出書房新社)

春、夏、秋、冬……過ぎゆく毎日に1冊の本を。Titleの店主が紹介する、スタンダードな本365冊。どこでも、どこからでも楽しめる、完全書きおろし。

 

 


『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』辻山良雄(苦楽堂)

<5刷!ロングセラー>
「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう? 物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。事業計画書から、開店後の結果まですべて掲載。堀部篤史さん(誠光社店主)との特別対談を収録。