数多くの大手有名企業でマネジャー研修を担当するコーチングのプロ・播摩早苗氏。そんな播摩氏が描く話題のビジネス小説『宿屋再生にゃんこ』では、部下の心に眠る仕事への情熱を引き出す方法が楽しくわかります。ここでは春からの新リーダーに向けて1章・2章を特別無料公開! 毎日連載でお送りします。 

◆STORY◆倒産寸前の地方旅館に支配人として赴任した永理子。黒字化を達成しようと意気込むが、やる気のないスタッフを前に空回りするばかり。そんなとき、寮の居候猫が永理子に向かって語り始めて……。

◆19◆

「そなら訊きますけど、永理子さん一人がない知恵絞って、しょうもないやり方従業員に押しつけて、それでも従業員が思うように動いて、経費がどんどん下がって、お客がじゃんじゃん来るなんていうことが、実現する思ってはるん?」

 ジェニファーは、ベッドで居住まいを正した。私も背筋を伸ばして向き合った。

「永理子さん、あんた自身が人として、もっときちんとせなあかん。人のことを信じられへん人は、いい組織をつくられへんねん。いい組織やないと、楽しく働けへんねん」

「どうして?」

 ジェニファーの論理は飛躍していて私のなかでつながらなかった。

「部下を信じられへん人は、つい細々と小言言うねん。すると、監督されへんと怠けるモンが育つんや。そうゆうもんやろ」

「信じたら怠けないの?」

「そや。信じて待てば、自分で何とかしようと知恵絞る。それでいろいろ試す。楽しくて、怠けてる暇なんてあらへん」

 そのとき、ドアをノックする音がして、ちょっといいですか? と顔を見せたのは石橋だった。

「今日はありがとうございました。恩に着ます」

 私は、部屋に招きながら、礼を言った。

「オカミ、ここにいたのか」

(あたしは、ジェニファーやて)

 ムッとしたジェニファーの声は、どうやら石橋にはニャーとしか聞こえていないようだった。石橋は、ジェニファーの耳のあたりを撫でた。

「甲斐さん、あのあとうちの料理長と松田さんが会いました」

 松田はすぐに蛍雪園の料理長を訪ねたのだ。

「どうでしたか?」

「二人とも、熱くなってました。牛一頭を5軒の宿の価格に合わせてアレンジできそうです」

「そう。対立はなかった?」

「そりゃあ、どこもいい部位が欲しいでしょうけど。蛍雪園の価格帯ではヒレ肉のステーキをスタンダードメニューにはしにくいので、アラカルトにすれば取り合いになりません」

(任せれば、人はやるねん)

「よかった。肉の奪い合いを、心配していたの」

(永理子さんが従業員を信じてへんだけや)

「うるさいなぁ」

「えっ。何か言いましたか?」

「いえ、他の3軒も早く交えましょう」

 私は慌てて話を続けた。

「それは、松田料理長がやってくれるそうです。松田さんはプロですよ。僕、感心しました」

 私は松田の意外な一面を見た気がした。本来仕事好きなのかもしれない。

「……で、相談なんですが。このパターンをマグロや豚肉でもできないでしょうか?」

 もっともな話だ。

「大量に仕入れれば安くできますし、一頭料理は名物になります。ただ……」

 石橋は言いにくそうだ。

「保存が重要で、そこで活躍するのが、真空調理機なんです」

「真空調理機?」

「はい。下処理した食材を真空で保存するんです」

「へぇ」

「長期保存が可能です」

「そうなんですか」

「アイドルタイムに下ごしらえして、再加熱して提供もできるんです」

「シフトが楽になりますね」

 いいことずくめだ。

「いくらですか? その調理機」

「70万……」

「高い……」

 その出費は鳥楓亭では到底できない。

「蛍雪園に置いて、5軒に食材を配る形がいいのかと……」

 それでも、RSJ本部の決裁が必要だ。

「僕から本部に言いますから、甲斐さんバックアップしてもらえませんか?」

 真空調理機を導入することでさらなる大量仕入れが可能になり、購買価格が下がる。

「じゃあ、どの程度の経費削減に結びつくか、試算しましょう」

 私の得意分野だ。石橋と二人、急いで机に向かい、電卓を叩いた。

 

 

 

 

 

 翌日、伊勢谷に電話をして、真空調理機の件を説明した。

「試算表は、先ほどメールに添付しました」

「ああ、見たよ。高いね」

 私は緊張した。経費を減らすことはやってきたが、おねだりには慣れていない。

「真空調理機がどうしても欲しいんです」

「珍しいねぇ。甲斐さんが、再生先のために金を使おうなんて」

「長期的には、必ずコストダウンになります」

「ふむ。いいよ。買えば」

「いいんですか!」

「死に金を使わない甲斐さんが言ってるんだから、必要なお金なんでしょ」

「ありがとうございます!」

「聞いたよ。牛一頭料理フェアを5軒合同でやるんだって?」

「はい」

「赴任早々、動いてるじゃない」

 私は、言葉に詰まった。あれは瀧本のアイデアだ。伊勢谷はおおらかな笑い声を上げて、まぁ、頑張りなさい、と言って電話を切った。

 

 

 

 

 

 瀧本が招集したミーティングに石橋、木村、松田が再び顔を揃えた。

「熊本産のあか牛の一頭買いなら品質がよく、値段も手ごろだと分かりました」

 と木村は、ファクシミリで受信した見積り書をテーブルに広げた。胸を撫でおろした様子だ。

「肉の割り当てを早めに決めて、新しいメニューの撮影を兼ねて試食会をしましょう」

 瀧本が提案すると、松田が、

「俺は、料理人の取りまとめを行なうよ。試食会には、5軒全員の支配人にも来てほしいね」

 と、提案した。ついこの前の週まで料理人7人を引き連れて辞めると息巻いていたとは思えない変わりようだ。

「本部のカメラマンは、いい写真を撮ってくれますよ!」

 私がお茶を配りながら言うと、松田は大げさに腕まくりをして見せた。

「支配人、腕によりを掛けますよ。牛一頭だとね、脳みそもある。これは、絶品ですよ。癖がなくて、濃厚さはフォアグラの比じゃない」

 4人が、プロとして協働している姿がまぶしかった。その場面にジェニファーの「楽しく働く」という言葉が絡んだ。

 

 

 〈2章・了〉

つづきは『ストーリーで学ぶ最強組織づくり 宿屋再生にゃんこ』でお楽しみください!

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

播摩早苗『ストーリーで学ぶ最強組織づくり 宿屋再生にゃんこ』

倒産寸前の旅館に支配人として赴任した永理子。黒字化を達成しようと意気込むが、やる気のないスタッフを前に空回りするばかり。そんなとき、一匹の猫が永理子に向かって語り始めた!  「舐められるぐらいのマネジャーがええんや」「あんたがアタマ使えば使うほど、みんなはもの考えなくなるでぇ」「マネジメントは『全部自分のせい』から始めるんや」  なぜかマネジメントに詳しい猫の教えで永理子は自分を変えていき……。ストーリーを追うことでチームマネジメントのポイント、旅館事業の裏側、地域活性化のヒントが楽しく学べる!

播摩早苗『えっ、ボクがやるんですか? 部下に教えたい、社会人のものの言い方100

今の時代、部下は「トリセツ」が必要なほど扱いにくい存在。しかし時代の流れだから仕方ないと諦めてしまっていては、彼らを戦力化していくことはできない。本書では上司を呆然・困惑させる今どきの部下の発言を、会話シーンとともに列挙し、どのように指導すべきかを指南。

●こんなNGワードに、上司はどう対処すべき?
「で、どうしましょう?」「わかりやすく説明しますね」「手が空いたときでいいって言ったじゃないですか!」「グーグルになかったので分かりませんでした」