今回は、連載タイトルになっている「オオカミ少女」のお話。

 みなさんは、こんな物語を聞いたことがないだろうか?

《インドの森のなかで、赤ん坊の頃から狼に育てられていた姉妹が発見された。姉妹は言葉を話すことができず、四つ足で歩き、地面に置いた皿をなめるようにしてミルクを飲んだ》

 私がはじめて聞いたのは30年ほど前。教科書に掲載されている話だ。さまざまな研究分野でも「基本のキ」のように採用されている“実話”なのだが……。

 ***

 社会学者である父の書棚には、「切腹論」「生き神信仰」「日本のシャーマニズム」「パニックの心理」など、怪しげで手垢のついた古ぼけた書物がたくさん並んでいた。難しくて子供の私にはほとんどわからなかったが、普通の平穏な生活からは見えない、知ってはいけない世界が莫大に広がっているように思えて、好奇心を煽られ、見たくて見たくてしょうがなかった。

 切腹の本は、真一文字と十文字とではその壮絶さにおいて精神的な覚悟が違いすぎるとか、後片付けが大変だからあまり重要でない人物はすばやく介錯されていたとか、うろ覚えだが、実際の切腹連続写真なんかが強烈に脳裏に焼き付いてしまっているし、シャーマニズムの本は、女性をシャーマンにするために、断食させて俵の上に正座させて延々と念仏を唱えさせた挙句、水をぶっかけ、餅でぶん殴って失神させるとか、一度読んだら忘れられない凄い話がたくさん詰まっていた。

 その数々の衝撃本のなかの一冊が、これだった。

J.A.L.シング著『狼に育てられた子 カマラとアマラの養育日記』1977年・福村出版

 

 現代では「児童ポルノ」認定すれすれの写真が表紙に使われているこの本の著者は、シング牧師という宣教師。1920年、インド東部のミドナプール教区で、伝導の旅に出ていた牧師と村人たちによって、ジャングルのなかで狼に育てられているところを発見、保護された、1歳半と8歳の2人の“オオカミ少女”の養育記録だ。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定