“ビットコインのしくみを知ることが、次の時代の武器になる”。
もはやビットコインは「一攫千金を狙う人が集まる怪しげな世界」ではなく、新時代のリテラシーとなりつつあります。
次の時代を生き抜く「武器」の使い方を、ビットバンクCEO・廣末紀之氏が徹底解説した書籍『知識ゼロからのビットコイン・仮想通貨入門』から、知っておきたいビットコインの基礎知識をご紹介します。

ビットコイン販売所・取引所の違い

ビットコインの売買は、インターネット上の販売所または取引所(交換所)で行います。独立した販売所や取引所が存在するほか、仮想通貨取引所内に設けられた販売所もあり、形態はさまざま。

手軽なのは、販売所。ビットコインの価格が提示されています。希望数量を入力し、クレジットカードや銀行からの送金で支払をすれば、指定したアドレスにビットコインが送られます。売却時も希望数量を売ることができます。


取引所では、決まった価格はありません。株式売買と同様に、売買を希望する双方が注文を出し、価格が一致すれば取引成立。売買の値段を指定する指値取引も可能です。購入時は、銀行から取引所に現金を送り、相場を見て購入注文。トレーダーが多く参加しているので、大口取引もできます。

銀行振込とクレジット。コインを購入するなら?

ビットコインの購入にクレジットを使うと、高い手数料がかかります。銀行から取引所の口座に振り込んで支払うのが絶対お得。

銀行によっては、仮想通貨取引所への振込手数料がかからないところもあります。

ビットコインのその他の入手方法

ビットコイン取引所、販売所での購入以外でもビットコインを入手する方法はあります。

例えば、ビットコインATM。日本ではまだ少ないものの、現金で手軽にコインを購入できます。 また、マイニングに参加する方法もあります。今後、日本でも大手IT企業などがマイニングに乗り出すとみられ、個人でマイニングプールに参加する選択肢も拡がりそうです。

ビットコイン関連のイベントに参加すれば、知り合った人同士でビットコインを取引することもできます。しかし、信頼できる取引相手かどうか見極める必要はあり、初心者には難しい面も。

今後、利用者の増加とともに、サービスへの対価をビットコインで受け取ることも盛んになっていくと考えられます。


◯ビットコインATMから購入

ビットコインATMで、現金を使ってビットコインを購入する。QRコードリーダーに、スマートフォンの自分のビットコインアドレス(QRコード)を当てて読み込ませる。利用時には本人確認書類のスキャンが必要なこともある。



◯マイニングへの参加

マイニングプールに参加したり、クラウドマイニングに参加することでビットコインの報酬を得ることができる(書籍の「PART2 発行のしくみ、安全と信用は?」で詳解)。



◯個人からの譲渡

ビットコインをすでに保有している知人から譲ってもらう。現状、譲渡にともなう所得は雑所得となり、給与所得などの他の所得と合算して税率が決定される(書籍の「PART4 私たちの生活はどう変わる?」で詳解)。今後税制は変わる可能性もあり、少額のやり取りに留めるほうが無難。



◯サービスへの対価

サービスの対価としてビットコインで報酬を受け取る。少額の振込、海外からの送金時には、銀行のように送金の手数料がかからないため便利。ただ、価格変動で24時間での変動幅も大きいため、支払や送金時は、双方合意しておくことが不可欠。


*   *   *

発行のしくみ、保管や現金との交換方法、ブロックチェーン、マイニング、オルトコインなど、仮想通貨のより詳しい説明は書籍『知識ゼロからのビットコイン・仮想通貨入門』をご覧ください。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

廣末紀之『知識ゼロからのビットコイン・仮想通貨入門』

“ビットコインのしくみを知ることが、次の時代の武器になる”
もはやビットコインは「一攫千金を狙う人が集まる怪しげな世界」ではなく、新時代のリテラシーとなりつつあります。
次の時代を生き抜く「武器」の使い方を、ビットバンクCEO・廣末紀之氏が徹底解説!