“ビットコインのしくみを知ることが、次の時代の武器になる”。
もはやビットコインは「一攫千金を狙う人が集まる怪しげな世界」ではなく、新時代のリテラシーとなりつつあります。
次の時代を生き抜く「武器」の使い方を、ビットバンクCEO・廣末紀之氏が徹底解説した書籍『知識ゼロからのビットコイン・仮想通貨入門』から、知っておきたいビットコインの基礎知識をご紹介します。

ビットコインは分散型システムを採用

ビットコインが従来の金融システムと異なるのは、特定の発行者と管理者が存在しない点です。

「円」などの法定通貨は、国の中央銀行によって発行・管理される中央集権型システムが基本です。現金取引は銀行などを通じて行われ、手数料や時間がかかります。取引は銀行の台帳で管理するため、銀行はセキュリティに膨大なコストを割き、管理します。

ビットコインは発行量も発行時期もプログラミングされ、発行者も管理者もいません。すべてのコンピューターはフラットな関係で「対等なつながり」を意味するP2Pという分散型システムを採用しています。

台帳は公開され全員で管理

銀行(仲介者)を通さない代わりに、情報はネットワーク上で公開されます。

取引データが更新されるたびに、全コンピューターの台帳が更新。自動的に無数のバックアップが取られているのと同じ状態になり、セキュリティにコストがかかりません。取引自体は秘密鍵で守られ、取引の動きは衆人環視となるため、不正が起こりにくいとされています。

分散管理で通貨を個人の手に戻す

なぜビットコインは考案されたのでしょう。

インターネットは、個人が誰とでも直接つながることのできる世界を実現しました。管理者の不要な世界であるインターネットユーザーのなかには、誰にも縛られない完全自由主義「リバタリアニズム」の思想を持つ人も多いとか。

ところが、金融システムは相変わらず国や銀行に管理されたままです。法定通貨は中央銀行が発行し、取引は市中銀行が管理しています。通貨の価値は、管理者を無条件に信用することでしか成立しないのです。

この状況を変革し、お金の世界でも管理者不要の分散型システムを作るというのが、ビットコインの思想です。お金の主権を国や企業から個人の手に取り戻す「民主主義」の理論なのです。


◯中央集権型システム

・国家、銀行の権限が大きい。

・国家、銀行を信用することで成立するシステム。

・個人間での自由な取引ができない。



◯P2P分散型システム

・個人対個人で通貨の取引を可能にする。

・ブロックチェーンという新技術が信用の担保となる。

・ネットワークの参加者全員で取引を成立させる。

・取引の検証・承認を行った人に報酬を与え、良心的な行動を引き出す。


中央管理者を無理に信用し、通貨の価値を安定させるより、コンピューターシステムを信用し、個人で取引するのがビットコイン。

法定通貨の信用が崩れるときにビットコインが高騰

ビットコインの誕生と時を同じくして、リーマンショックが発生。キプロスの金融危機は、国や銀行の信用を損ない、ビットコインへの流れを加速させました

写真を拡大
現実社会でビットコインのニーズが高まったのがキプロス危機。国や銀行が信用を失うとき、法定通貨がビットコインに流れ込む典型例。

 

このような背景で生まれたビットコインは、時代の要請に応じた、必然的な産物かもしれません。

*   *   *

発行のしくみ、保管や現金との交換方法、ブロックチェーン、マイニング、オルトコインなど、仮想通貨のより詳しい説明は書籍『知識ゼロからのビットコイン・仮想通貨入門』をご覧ください。

電子書籍版は4月だけの期間限定で、特別価格499円(税込)でお求めいただけます。
※書店によって価格が異なる場合があります

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

廣末紀之『知識ゼロからのビットコイン・仮想通貨入門』
今なら電子書籍版が499円(税込)に! ※4月だけの期間限定

“ビットコインのしくみを知ることが、次の時代の武器になる”
もはやビットコインは「一攫千金を狙う人が集まる怪しげな世界」ではなく、新時代のリテラシーとなりつつあります。
次の時代を生き抜く「武器」の使い方を、ビットバンクCEO・廣末紀之氏が徹底解説!